2020年10月13日 丹波黒大豆枝外し作業


丹波黒大豆枝外し作業



















●収穫した丹波黒豆を枝から外して、黒豆の房だけにする作業です。

収穫した枝付きの丹波黒豆を機械に差し込みます。
機械は丹波黒豆の房だけを震い落として、房だけがベルトコンベアーに運ばれます。
ラインに流れて来た丹波黒豆を人の手で検品して、選別いたします。
選別された丹波黒豆は大粒でプリプリしています。



2020年10月13日 丹波黒大豆枝豆 収穫風景


丹波黒大豆収穫風景

























●丹波黒大豆の収穫風景です。


朝6時からの収穫開始です。

丹波篠山は盆地なので、夜間、晴れている時の朝方に朝霧が発生いたします。この日は朝霧が発生していなくて残念でしたが、朝霧が掛かった景色は大変、幻想的です。
大陽が登り始めた頃から、丹波黒大豆の収穫です。
丹波篠山は大変、地味が肥えた土壌なので、育った丹波黒大豆の苗は太い木になります。
それで、樹木剪定用鋏(はさみ)でないと丹波黒大豆の苗は切れません。
収穫した丹波黒大豆の枝は束ねて、トラクターで運搬します。



10/14 丹波松茸収穫



tanbamatsutake600

10月14日丹波松茸収穫

この赤松の山に入って行きます!

丹波松茸

丹波松茸収穫

松茸が出そうな気配の場所を探知しました!
網は鹿よけです!
鹿は松茸を食べるんです!!

赤井さん、上物を見つけました!

丹波の山の中

丹波松茸 つぼみ

つぼみの上物です。
これで78gありました!

丹波松茸 つぼみ

50g前後の小振りのつぼみです!
普通はまだ採らないのですが、鹿が食べそうなので収穫しました!
鹿が食べなくても松茸どろぼうが盗ってしまいます!

副店長が偶然、見つけました!
まだ小さくて、松茸の赤ちゃんみたいです!
上からそっと落ち葉をかけて大きくなるのを待ちました!

丹波松茸収穫

つぼみでも大きいものは150g以上になりますが、今年の状況では良い方です!

収穫したのは特上のつぼみ
3本で176gありました!

赤井農産のコシヒカリ、丹波黒豆、丹波黒大豆枝豆はこちらで販売中>>>


7/20 真夏の丹波篠山



2005 7/20 丹波篠山


まだ、肥料抜けをしていない稲です!
もう少し時間がたてば水田の水を落とし、稲全体から一度、肥料を抜くのだそうです!


まだ、肥料抜けをしていないので、稲が青々としています!
肥料抜けが行われると、全体的に黄緑色になります!
それから、再度、施肥を行うと、美味しいお米になります!

高級ブランドの丹波黒豆です!
10月には希少な丹波黒豆の枝豆『 若さや 』
12月には高級品「丹波黒大豆」になります!

これなんだか分かります?
高級な京野菜として珍重される、丹波やまのいも なんです!

丹波やまのいもつるが凄くてからまっています!

撮影している副店長です!
その映像を撮っているのは店長です!

赤井農産のコシヒカリ、丹波黒豆、丹波黒大豆枝豆はこちらで販売中>>>


丹波篠山 赤井農産



丹波篠山

兵庫県篠山市の赤井農産は篠山盆地の中央に位置しており、
日較差(一日の最高気温と最低気温の差)が大きいこと、
肥沃な土壌、良質な水によって、
優れた品質のコシヒカリ丹波黒豆丹波黒豆枝豆などを産出しています。

赤井さんプロフィール

赤井農産のコシヒカリ、丹波黒豆、丹波黒大豆枝豆はこちらで販売中>>>

赤井農産の最新ニュースはこちら>>>