青森弘前 岩木山麓 片山りんご園



2005年5月16日のりんごの花
撮影 店長

岩木山
2006年5月21日 片山りんご園 鬼沢園地より岩木山(津軽富士)を望む
撮影 副店長

東北地方 青森県弘前市

オーナーのこだわり
・無袋栽培・
太陽の光を十分に浴びせることにより、味も飛躍的に良くなります。

・バクタモン栽培
1)4種類の有効微生物群を珪藻土に固定した「バクタモン」という微生物農業資材を利用し、さらに微量ミネラル成分を毎年十分土に補給することによって、中身の濃いおいしいりんごや桃を、毎年収穫できるよう努力しています。
2)バクタモンをふんだんに使用することにより、味が濃厚で果肉がギッシリと緻密になります。
3)全て無袋栽培、太陽の光を十分に浴びせることにより、味も飛躍的に良くなります。
4)収穫は、樹上で完熟するのを待ち、樹上で完熟したものから順番に、何度にも分けて収穫が行われます。
5)一つ選びによって、味が良く、熟度の高い美味しいりんごを旬の時期にお届け致します。

・ユーレップギャップ(EUREPGAP)取得
ユーレップギャップとは欧州小売業組合適正農業規範の意味です。
ヨーロッパで農作物を栽培する際、生産現場での衛生管理規範であり、このギャップを取得していなければユーロ市場に農産物を輸出できない厳しい基準です。
片山りんご園はこの基準を日本で一番、最初に取得した農園でヨーロッパにりんごを輸出しています。

りんごの販売はこちら

片山りんご園の最新ニュースはこちら>>


信州 安曇野 あらやファーム


安曇野
2006年5月11日あらやファームにて 撮影 副店長


あらやファームは長野県安曇野市にあります。
安曇野市は西に北アルプスを望み清浄な空気と豊かな日照と清らかな水に恵まれて優れたりんご、梨、桃が栽培されています。

りんごの花
●あらやファーム園主 小林 英樹さんと奥様の 小林 和美さんです。

オーナーの思い
●私たちの住まいは園地の中にあります。私たちには3人の子供がいます。この子供たちは園地の自然に触れて生活しています。この子供たちの健康を守るために、また作り手の私たちのためにも減農薬・無化学肥料で取り組んでいます。
それが、引いてはお客様の健康を守ることができ、美味しいりんご、桃、梨をお届けできると考えています。
●十果農園全員で作る堆肥
コーヒー粕と茶粕で堆肥を作り、これを利用した化学肥料に頼らない草生栽培を目指しています。
コーヒー粕、茶粕は、当初粗い固まりですが、切り返しを繰り返す間にさらさらになります。この状態に到って、植物が吸収しやすい堆肥になります。この堆肥が、美味しくて甘い安曇野のりんご、桃、梨を育てています。

●あらやファーム りんごジュース・フルーツこちらで販売中>>>

●あらやファーム 最新ニュースはこちら>>>