和歌山 古座川 鮎の火振り漁


和歌山古座川鮎火振り漁

和歌山古座川鮎火振り漁

和歌山古座川鮎火振り漁
和歌山県の南部にあり、熊野灘に注ぎ込む古座川では、10月初旬から12月下旬頃まで火振り漁が行われます。

和歌山古座川鮎の火振り漁
火振り漁は和歌山古座川で古くから行われて来た伝統漁法です。

和歌山古座川鮎の火振り漁
鮎が驚いて逃げない様に、漆黒の暗闇の川面をすべるが如く川船を走らせ、刺し網を仕掛けます。

和歌山古座川鮎の火振り漁
刺し網を仕掛けた後、松明に火を灯し、松明を振りながら川上から川下の方に鮎を追い込みます。

和歌山古座川鮎の火振り漁
川船は漕ぎ手と火振りの二人。
漕ぎ手と火振りのあうんの呼吸で鮎を刺し網に追い込みます。

和歌山古座川鮎の火振り漁
真っ暗闇の静寂の中で、川船を漕ぐ櫓の音と振られる松明の音。
大変、幻想的な光景です。

和歌山古座川鮎の火振り漁
火振り漁で捕まえた鮎です。
真っ暗なので光量が足らず、少しピンぼけになってます。

 

和歌山 古座川 鮎の火振り漁 動画はこちら>>

 


和歌山 古座川


古座川

和歌山県古座川町は紀伊半島の最南端の内陸部にあります。
熊野灘に注ぎ込む清流古座川の水運を利用して、古くから良質な紀州材を産出してきました。
古座川町を代表する観光名所 一枚岩 です。
古座川沿いにあり、一個の岩で形成されている景勝地ですが
岩と言うより小山で、オーストラリアのエアーズロックとまでは行かないまでも
側で見ると凄い迫力です。

古座川
清流 古座川 滝の拝です。
日本の名水百選、日本の秘境百選に選ばれているほど
清らかで、多くの絶景ポイントがあります。

古座川
人の手が入っていない川筋です。
古座川はカヌーの川下りが盛んで全国から愛好家が集まってきます!
古座川は鮎でも有名なんです。

古座川
古座川沿いの小川地区
日本昔ばなしに出てきそうな、日本の原風景の感があります。

古座川
山の斜面に設置されているゴーラ(日本蜜蜂の巣箱)です。
古座川町では和蜜(日本蜜蜂の蜂蜜)が採取されています。

古座川
古座川町では優れた品質の柚子が栽培されています。
山際から雲が沸き出でる、天空の柚子園です。

古座川げんき会
キクイモ(菊芋) 古座川げんき会

古座川後口農園
和歌山 古座川 天空のゆず園 後口農園

古座川の鮎の火振り漁
和歌山 古座川 鮎の火振り漁

古座川で古くから行われて来た伝統漁法「火振り漁」の様子をご紹介します。


和歌山古座川 天空のゆず園 後口農園


実生のゆず

後口さんの実生(みしょう)の若い柚子(ゆず)です。

実生(みしょう)とは種子から発芽した植物を言います。
柑橘一般は接ぎ木(つぎき)で増殖されます。
接ぎ木(つぎき)とは栽培したい品種の穂木(えだ)を台木に接いで生殖させる技術です。柚子の場合、実生の柚子は接ぎ木の柚子より香りが強いのが特徴です。

 

実生のゆず

後口さんのゆず農園です。
奥深い山間にあり、さながら天空にあります。

 

実生のゆず


後口さん御夫妻

20数軒の農家さんが入植していましたが、後口さんを除いて全ての方々が廃業されて行きました。
後口さんは、大変なご苦労をされました。

実生のゆず

後口さんの実生の柚子はその香りの良さで、プロの料理人の間で知られています。

天空のゆず園 後口農園の天然ゆず果汁、ゆずぽん酢はこちらで販売中>>>


キクイモ(菊芋) 古座川げんき会


キクイモ

和歌山県古座川町で栽培されるキクイモです。

キクイモ(菊芋)はキク科ヒマワリ属の多年草で秋に塊茎を作ります。
この塊茎に多糖類のイヌリンを含んでいます。
イヌリンは摂取しても消化器官で単糖類まで分解されませんので
血糖値が上昇せず、血糖値が気になる方に有効とされています。

キクイモ

古座川町でキクイモを栽培される げんき会の皆さんです。

キクイモ

和歌山県古座川町小川地区です。
キクイモ

げんき会の皆さんは、古座川町の小川地区でキクイモを栽培しています。

キクイモ

キクイモの花です。
可愛いヒマワリの花の感じですね!

古座川げんき会 キクイモパウダー、古座川チップはこちらで販売中>>>