2009年11月6日間人がに解禁 漁船にて


間人かに

間人(たいざ)港は京都府京丹後市にあります。

間人かに

間人(たいざ)がには日本一の品質のずわい蟹と言われています。

その理由は間人港が小さな港なので大きな船舶が入れず、かに漁船が小型になるからです。

間人かに

小型の船なので蟹を漁獲した後、船内で大量の蟹を貯蔵できず、漁獲したその当日に間人港に戻ってきます。

間人港から魚場まで約2時間。

毎朝、出漁してその日の午後には帰って来ます。
このため、蟹の鮮度が他の港で水揚げされるよりはるかに新しいのです。
しかも間人港が小さいので拠点としている漁船はたった5隻しかありません。
これにより水揚げされる蟹の量が極めて少なく大変、高価な蟹となっています。
品質に厳しい京料理に利用されるほか、超高級なずわい蟹として首都圏に出荷されています。

間人かに

間人かに

間人かに

間人(たいざ)がにの雄には必ず、緑のタグが付けられます。
コッペ蟹(メスがに)には付けない場合が多いです。
緑のタグが付いた間人(たいざ)がにです。
蟹は裏返したら大人しいですよ。
この蟹、表にしたらゴソゴソ這い回ります!

間人かに

間人かに

間人(たいざ)かにの品質の高さは元々、超新鮮な蟹であることと、かに漁師さんの厳しい品質チェックがあるからです。

知る人ぞ知る間人(たいざ)がになので、解禁日11月6日には大手TV局2社、大手新聞社ほかマスコミの取材が入っていました。

間人かに

間人かに

漁船から水揚げされた間人(たいざ)がにはすぐ近くの漁協のセリ市場に運ばれます。

これだけで浜値で相当な金額になります。

今日は解禁当日でセリが早く始まりました。

水揚げした漁船が本日2回目の漁で出港して行きました。

間人かに

平井活魚の間人(たいざ)がに活魚のご購入はこちらから>>